イベントのチケット価格設定と、集客につなげる割引の裏側

27th, 8月 2013 オーガナイザーのススメ ,オーガナイザーラボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

単発イベントでは頭を悩ませる入場の価格設定。
できるだけお客さまにお金がかからず良い体験をして欲しい。
しかし、赤は被りたくない…こんな葛藤が毎回あります。

以前オーガナイザーのススメでも価格設定のやり方を書きました。
10,値段を決める 小規模クラブイベント オーガナイザーのススメ
今回は更に、割引で集客につなげる方法の裏側を考察してみましょう。

イベントチケットの価格設定方法

(箱代+ギャラ+諸経費)÷(集客目標*0.8)
ざっくりこんな感じです。
箱代7万円+ギャラ5万円+諸経費2万円で、100人目標であれば
(70000+50000+20000)÷(100*0.8)=1750円
80人入ってトントンになる計算ですね。
無事目標達成すれば、打ち上げ代が出ます。

割引によるお得感で集客する

そのまま「じゃあチケット代は1750円だ!」というわけにはいきません。
あくまで、平均値が1750円になるよう設定します。

先行特典割引

これはよくある手法です。
2週間前までにチケットを買ってくれたら1500円にします!などです。
割り引く代わりに集金を確約してくださいね。ということです。
2週間からは2000円にして
同数のお客さまが来てくれれば平均値1750円です。

女性割引

クラブイベントや交流会などでよく見かけます。
出会いをちらつかせているようでチャラいイメージが出ますが、
やはり女性の集客は大事。女性が入るイベントは男性も来ます。
男女比1:1なら
女性1000円/男性2500円で平均ちょうど1750円
みたいな考え方ですね。

団体割引

価格で押すよりは
「○名以上で予約していただいた方は1名無料!」
なんていう形が良いかと思います。
たとえば2000円チケットで何名様以上だとトントン(1750円)になるかというと

(y-1)×2000=y×1750
y=8

8名様以上で1名無料ならトントンくらいですね。
8名団体予約なんて来ないか…

割引集客は飲食店や美容院を参考にスべし!

上記割引の話はイベントでもよく見かけますが、
全て飲食店などで行われている手法です。
リピート客を集めるためにメルマガ登録してもらい、ワンドリンクサービス
TwitterでRTしてくれたら500円割引
Facebookいいねしてくれたら…

これはお店のオウンドメディアに引っ張ってきて、顧客を捕まえて離さないためにおこないます。

続けていくサービスなら、一度や二度は赤字覚悟で
one for the 集客 , two for the show
の精神が必要なのではないでしょうか?

重要な事だから今一度申し上げると、

チケット代以上の体験をお客さまに届けましょう。

気になったらシェア!

[email protected]

友だち追加数