14,集客をする 小規模クラブイベント オーガナイザーのススメ

29th, 1月 2011 オーガナイザーのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガナイザーのススメ

フライヤーが上がってきて、テンションがひと通り上がったところで、いざ、当日へ向けてお客さまを呼びましょう。

Cuba Gallery: Australia / Melbourne / urban / city / people / cinematic / street photography / natural lighting / smoke / vintage / retro / light / portrait / photography

集客って一番大事!?

正直小規模クラブイベントを行う場合、ここが最重要ポイントになります。ここまでいろいろ言ってきてなんですが、集客さえ出来ちまえば、なんとでもなるもんです。とはいえ、ここまでのことをしっかりやっていないと、当日来たお客様は楽しんでくれません。
さて、集客の極意を此処に記します。

いろんな人にあって、フライヤー渡して土下座する!

というのは冗談です。でもなかったりもします。基本的には

・メールしよう
・フライヤーを渡そう
・サイトを見てもらおう
・SNSやTwitterを使おう

という感じになります。どれか一つをやるわけではなく、全部やってこそ完成するものですので、運営側は努力が必要です。

どんなかんじでやればいいのか、に関してはまた別途書きますが、上記にて一つ疑問点が浮かぶと思います。

お客さまは出演者が呼ぶものではないのか?

これは間違いです。ココを勘違いしているひとが多いです。以前、出演者にはなるだけプレイに集中できるよう心がけるべきという書きましたが、ノルマなどを設定するのは負担をかけさせる一番の問題です。もちろん、出演者がお客さまを呼んでくださるのは非常に助かります。もうほんと、ありがとうございます。
しかし、強要するものではありません。運営側としてこのアーティストを広く世に知らしめたい、と思っているなら、そのために人を呼ぶ努力をするべきです。その上で、アーティストのファンが来てくれるというのが理想的です。
ココは非常に繊細で難しい話です。機会があれば、詳しく書きたいと思います。

もう一度だけ言うと

出演者がお客さまを呼んでくださるのは非常に助かります。もうほんと、ありがとうございます!


気になったらシェア!

ろくでなし☆JPOPの[email protected]に友だち追加してみる?

友だち追加数