6、ハコと日時を決めよう~キャパシティ 小規模クラブイベント オーガナイザーのススメ

4th, 12月 2010 オーガナイザーのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーガナイザーのススメ

キャパシティーとはハコ側の収容人数です。

Twitter Over Capacity

目標動員が決まればハコも決まる。

目標動員と予算を決めます。200名以内となるとクラブ自体もかなり絞られてきます。小さいハコですとたいていサイトに箱貸し値段と収容人数が記載されえておりますので、そちらを確認しながらすすめると良いでしょう。それを考慮に入れながら合うハコ選びが必要です。

箱貸しの場合、大抵は40人保証で2000円with 1drinkなどの形が多いです。その場合、8万円保証ということになります。それ以上お客様が入った場合、50%バックなどがあったりします。
ハコなんてどこに何があるか分からない!という方には

クラベリア
http://www.clubberia.com/

などを見てみると良いかもしれません。
サイトを見つつ、目標人数がこれくらいだから、ココとココとココ…と三つぐらいに絞ります。

クラブに箱貸しをお願いする

絞れたところでハコ側に連絡をします。基本的には三ヶ月前からハコ自体を抑えることができます。早い段階で抑えられれば空いている可能性が高くになりますのでできるだけ早めに抑えてしまいましょう。

「この日からこの日の間の土日15時から21時で空いている日はありますか?」と聞いていくのが一般的です。空いている日があれば仮押さえをしてもらいます。

仮押さえから1~2週間で本契約をするのがマナーです。またその時に時間の許す限り下見に行きましょう。ハコの雰囲気・中の構造・音質等自分が行おうとしているイベントにあっているかどうか確認したほうが良いです。百聞は一見にしかず。自分の目で確かめましょう。
仮押さえから本契約の間にやるべきことは出演者交渉。
こちらは次回になります。


気になったらシェア!

[email protected]

友だち追加数